白髪染めを自然な印象に染めた後にパーマは合わせても良いの?

白髪をヘナを使い白髪染めをしている人がいますよね。
この場合、パーマをかけたいと思ってもちょっと気になりますよね。
ちゃんと考えた方が良いかもしれませんね。
一般的にヘナとパーマは、相性が悪いと言われているからです。
(汗)ですから、実際にヘナなどの白髪染めをした人がパーマをかけてみた時に、かかり具合も悪いといきます。
また、髪の毛のまとまりも悪くなると言います。
実際にそんな口コミが結構あるようですね。
(汗)これは何故かと言うと、ヘナ剤は髪の毛にあるキューティクルの隙間から入って浸透します。
~と言うことは染めた後も洗い流して髪のナイブノどこかにヘナの成分が残っているのではないかと言います。
そう考えられます。
それに対してパーマをかける場合もパーマ液がキューティクルの隙間を縫って浸透します。
しかし、先にそこにはヘナの成分が入り込んでいるので髪の毛の内部まで入り込んで行くことが出来ないと言います。
(汗)また、まとまりにくい状態になったりしてしまうようですね。
(汗)それだとパーマを先にして後からヘナで白髪染めをしたらどうなのでしょう!?(笑) そのように考えてしまいますよね。
確かに、この場合の方がパーマのかかりが良いみたいですね。
※この場合ですと、パーマの種類によるとは思いますね。
コーティング剤なども落ち着いているからです。
良いみたいですよ。
(笑顔)
白髪染めを自然な印象に染めるには?【白髪染め博士団子】