自営業住宅ローンの審査基準とは?

普通の住宅ローンと違い、自営業の方が組む住宅ローンで有る自営業住宅ローンは、どうしても審査が厳しくなります。
なぜなら、自営業はどうしても売り上げが上下しやすく、場合によっては赤字になる事も有ります。住宅ローンを貸す方の金融機関としては、どうしてもそれでは安定した返済が必要な住宅ローンは組みにくいので、審査の時に最低3年分の損益計算書と貸借対照表を提出しなければいけません。審査基準として先ずは3年分黒字であることを証明しなければなりません。
そして3年分の収入証明書と所得証明書で、ローン返済に耐えうる収入がある事を証明しなくてはいけません。そして個人的な借り入れや、事業にかかる借り入れで個人保障をしていないかどうかを調べられます。
そういう問題がなければ、やっと住宅ローンの審査が通ります。普段から黒字経営で、借り入れも無く収入も安定していないと、自営業住宅ローンは組めないので、きっちり経営している方のみ使えるローンだという事です。

自営業住宅ローン審査通るには?【頭金・年収基準甘い銀行!】

自営業の方は住宅ローン審査が厳しいと言われています。そんな中で自営業でも審査に通るためのコツをご案内!頭金や年収の基準、おすすめの銀行など知らないと損する情報を集めました!